HOME > ご挨拶

ご挨拶

弊社は、1645年より味噌造り一筋(新編 岡崎市史による)、私で19代となります。

私が先代より経営を引き継ぎました際に考えたのは、この伝統ある会社を絶えさせることなく継続させるにはどのような経営方針を打ち出すべきかとの事でした。

そこでまず100年後の弊社のあるべき姿を思い浮かべますと、先祖代々引き継がれて参りました伝統の技の継承と技術力の向上が必要条件と考えました。

経験と勘で築かれた匠の技を後輩たちに伝え、また、数字に裏打ちされた技術と管理を取り入れて伝統の味を未来永劫に伝えたいと思っております。

最近では、八丁味噌は、美容と健康に良い食品として注目されています。

みなさまに八丁味噌の食品としての優秀さと美味しさをご理解いただき日本の文化の継承と、食文化を通じて社会に貢献し続けたいと願っております。

19代 早川久右衛門